一人暮らしを始めた新人君の引越体験談

今回はパート先に新しく入ってきたイケメン君の引越し体験談です。

20歳まで実家暮らしでフリーターをしていましたが、安定して収入を得られるようになったこと、一人で自由に暮らしてみたいということから家を出ることにしました。

引っ越し先は同じ福岡市内で歩いて20分ほどの場所で、運ぶものも少ないので友達に協力してもらい自分たちだけで引っ越しをすることになりました。

引っ越しをするのは初めてで、どれぐらい時間がかるかわからなかったので、できるだけ物を減らそうと思い、読んでいない本や使っていないものは本屋で買い取ってもらったりリサイクルショップに持っていきました。

今だったら前もって引っ越しの予定を立てていればメルカリなどのフリマアプリを使えばもっと高額になったのでしょうけれど。テレビ、洗濯機、冷蔵庫などの家電は親が使うので持っていくことはできなかったので新しく購入することにしました。

引っ越し当日は運よく天気もよく、11月だったので暑くも寒くもなく作業はかなりスムーズにいきました。

引っ越し先がマンションの8階だったので運ぶのが大変そうだと思っていましたが、エレベーターがついていて実際に車から部屋まで荷物を持って運ぶ距離はさほどなく予想よりもだいぶ早く終えることができました。

しかしそのエレベーターはかなり小さくて、人4人がギリギリ入れるくらいの大きさだったので、大きい家電や棚などをもし運ばなければならなかったとしたら、エレベーターには収まりきらずに非常階段を使うしかなかったかもしれません。

重いものを持って8階まで階段で上るとなると相当苦労したと思います。

部屋の入口、搬入口だけでなくアパートやマンションの場合、エレベータの大きさもきちんと把握しておかなければならないといい経験になりました。

引っ越し先は冷蔵庫とエアコンは備え付けだったので、新しく購入した電化製品は洗濯機とテレビだけで、型落ちや中古であればとっても安く買うことができるので、持ってくるよりも新しく買ったほうが楽だと思いました。

荷造りをする時、とにかく個数を減らそうと思って何でもかんでも詰め込んでいたのですが、開けてそれぞれの場所へ配置するのにとっても苦労しました。

運ぶ時は個数が少ないほうが楽ですが、出す時のことも考えて種類別に詰めるとか置く場所が近い物を集めて詰めるとかしたほうが良かったなと思いました。

運ぶ作業は人に手伝ってもらえるけど、出して設置したり整理したりする作業は自分でしかなかなかできないことなので。

でも何事も経験、次の引越しの時にはきっとこの経験が役に立つだろうなと実感しています。

ちなみに、今回、自力で引越ししたけれど、一応福岡市内の近場引越しがいくらくらいでできるのか、相場を知りたくて見積もりをとってみたんですよね。(参考になりました⇒同一市内の引越し費用を安くした方法【福岡市在住】)

今回は荷物がダンボールだけだったこともあって、自力が安かったですけれど、大型家具、家電があれば、業者に依頼したと思います。ネット見積もりの経験も次回の引越しの役に立ちそうです。

我が家も来年には近場に引っ越すかもなので、とても参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です